ペイントデポ 問い合わせ
  • Instagram
  • YouTube

​塗装に関する資料・パンフレット・サンプル等、無料提供しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

​塗料についての詳しい情報は
​メーカーサイトへ
熊本県塗装業者:

屋根・外壁塗装専門店 ペイントデポ​ ❘ 熊本県を中心に福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島でも活動しております。

​熊本県熊本市中央区紺屋今町2-13中田ビル3階
TEL096-312-4321  ​FAX096-312-4320
Copyright © paint depot. All rights reserved.

家の塗り替えで、後々後悔しないために

​業者選びは慎重に‼

家の塗り替えで後悔しないための重要な4つのポイント

家の塗装は、完成品で売られているものとは違い、塗装して初めて完成品になります。


どんなに良い塗料でも、きちんとした施工方法で塗装されていないと、塗料の本来の性能は発揮できず、耐久年数が極端に短くなり、長く持ちません。

家の塗り替えをお考え中の方で「どこに頼んでいいかわからない?」とか「建てたところにたのもうか?」とお考えの方もたくさんいらっしゃると思いますが、家の塗り替えで後悔しないためには、ズバリ業者選びが重要です。

そこで、家の塗り替えで後々後悔しない為におさえていただきたい重要な4つのポイントをご紹介致します。



❶ 相場を知る

外壁塗装・屋根塗装をする時に使用する塗料にも色々な種類があり、耐久性・料金も違います。

 

又、補修箇所の有無や、業者によっても料金は異なりますが、各業者のホームページを見ると塗料の種類別に料金が掲載されていますので、その料金を何社か比較してみるとある程度の相場がわかります。

その際、料金をどこにも掲載していない業者・相場より安い業者等には注意が必要です。

価格競争の激化により、低価格を売りにしている塗装業者も存在しますが、安さ重視の外壁・屋根塗装工事は、手抜き工事が行われる可能性もあります。(手抜き工事は、塗る回数を少なくする・塗料を薄く伸ばす・乾燥時間を守らないで工事を早く終わらせる等です)

外壁・屋根塗装は塗る面積に対して必要な量の塗料を使用し、的確な塗る回数で、乾燥時間を守り、材質に合った塗料で塗装しないと塗った直後は分かりにくいですが、後々必ず不具合が出てきます。

又、材質や劣化状況によっても塗料を吸う、吸わないがあり使う量も変わりますので、塗る回数を増やしたり作業内容も変えて行わないと塗装は長持ちすることができません。

どうしても高品質塗料で、きちんとした工程で塗装工事を行えばある程度の日数・経費がかかりますので、相場より安い業者は安いなりの質を落とした工事内容になる可能性も高くなります。

 

ですから、ある程度相場を知っておくことは重要だと思います。


❷ 業者を見極める

家の外観をよく調べずに見積りを行う業者も手抜き工事の可能性が高くなります。

特に劣化が激しい場合は塗装前の下地補修作業も必要になり、使用する塗料も増えるのでよく調べないで見積りを出す業者は必要な工程をはぶいたり、適切な塗料の量も確認していないので塗料を薄く伸ばす可能性が高くなります。



❸ 業者の所在地・設立年月を調べる

住所が書いてあるからといって安心せずに自分の目で確かめる事が必要です。

実際に見に行く事が難しい場合は、最近ではスマホやパソコンのgoogleマップなどで調べてみればその住所の画像が出てくるのですぐに分かりますが、中にはアパートの一室・空家・空地・畑・駐車場などを住所にしている業者も存在します。

まずは、その業者名で検索してみて会社や事務所を確認してみると良いでしょう。

その際確認できない場合は名前だけの会社で、事務所も無し・下請けに丸投げの業者といった可能性があります。

又、新会社法によって資本金1円でも会社を設立できる制度になり、その結果十分な資本・資金力のない状態で開業する業者も増え、数年後不具合が出て会社に問い合わせてみると既に倒産しているといったケースも増えております。

ホームページに記載してある事業概要等で設立年月をよく確認し、
最低でも10年以上営業している優良店で、所在地がはっきりした業者に依頼した方が無難でしょう。(設立年月をどこにも記載していない業者は設立から年月が浅い可能性が高いので注意が必要です)

 

 


❹ 建てたところよりも専門店へ

 


家の塗装は塗装工事を直接行う塗装工事の専門店(下請け業者を使わない自社施工の塗装店)に直接依頼されることをお勧め致します。

 


「家の塗装は建てたところに頼んだ方が安心」と思われる方も多いとは思いますが、決してそうとも限りません。

 


家を建てたところ(ハウスメーカー・建設会社)がお客様のお住まいを直接塗装すればいいのですが、ハウスメーカー・建設会社は直接お客様のお住まいを塗装されません。

ハウスメーカーや建設会社は、家を建てることに関してはプロですが、塗装に関しては専門知識が乏しく、塗装職人を雇っていない為、外注先の下請けの塗装店に安く工事を依頼します。

 


お客様のお住まいを塗装するのは、その下請けの塗装店や孫請けの塗装店になります。

 


元請けのハウスメーカー・建設会社は、営業人件費、広告宣伝費、会社利益と多額の経費が掛かるため中間マージンを大幅にのせて塗装の仕事を下請け・孫請け業者に回します。

下請け・孫請け業者は少ない費用で塗装し、赤字ギリギリの金額しか元請けからもらえないことも珍しくありません。

 


少ない費用のまま家の塗装が進められると、「塗料を薄めて伸ばす・必要な工程を省く・塗る回数を減らし工期を短縮させる」などの可能性が出てきます。

 


そうなると、どんなに良い塗料でも本来の性能は発揮できず、何年か後に必ず不具合が発生します。
 

 


その点、直接塗装工事をする優良塗装店に依頼すれば、そういった可能性も無くなります。

 


又、優良店は塗装に詳しい経験豊富なスタッフか代表者がお客様と直接対応し、入念に現場調査を行いますので、塗装前のお住まいの劣化状態などもしっかり把握できるため、塗るモノに対して塗料選択を間違えることもありません。
 

 


その結果一番良い塗装工事が完成します。
 

 


このように塗装する職人、業者で塗装の仕上がりに大きな差がでてきますので、家の塗装を依頼するときは、塗装工事の専門店に直接依頼されることをお勧め致します。
 

 


家を塗り替えるときは、自社施工の塗装店に頼む‼ それがお客様にとって良い結果につながる事だと思います。

 


以上が家の塗り替えで後悔しない為の重要なポイントですが、
 

 


家の塗り替えで後々後悔しない為にも、業者選びは慎重に行った上で、上記で述べた重要なポイントをおさえる事で家の塗り替えや、業者選びの失敗を未然に防ぐ事ができます。