​正しい塗装面積の出し方

外壁塗装の面積について

 

正確な外壁の塗装面積の算出方法は

 

実測して算出する方法です。

 

まず、見積もり前の現場調査で巻尺やレーザー測定器を使い、外壁の外周長さ・外壁の高さを入念に測ります。

 

そして、窓・ドア等の塗装しない箇所の面積も全て測ります。

 

そして、外壁全体の面積から、窓・ドア等の塗装しない箇所の面積を引いて塗装する面積を算出します。

 

(外周 × 高さ)ー 塗装しない面積 = 外壁塗装面積

 

その時、外壁の材質の凹凸も計算に入れます。

 

塗装工事は、塗装面積を基準に使用する塗料の量を算出します。

 

外壁の凹凸も計算に入れておかないと、塗装工事の際に塗料が足りなくなる可能性が出てきますので、塗装面積は正確に実測しなければなりません。

 

又、外壁の塗装する面積だけ測っても正確な見積もりは出ないので、同時に付帯部の面積や補修箇所が必要な部分の長さや面積も測ります。

この場合、最低でも現場調査に1時間前後、外壁と屋根の場合は最低1時間半から2時間前後かかります。

 

曖昧な測定は曖昧な見積り・曖昧な塗装工事につながりますので正確な測定が必要になります。

一般的に業者がよく行っている計算方法は

簡易計算(床面積から算出する方法)です。

延べ床面積(1階と2階の面積を足した数字)に係数を掛けて算出する方法です。

 

延べ床坪数に 3.3 を掛けて ㎡ の値にします。

 

簡易計算式  延坪の合計× 3.3× 係数1.2から1.4(係数は業者による)

 

この計算式は、あくまでも概算面積になりますので実際の面積より少なく計算されている場合は、塗装工事の際塗料が足らなくなり、塗料を薄く延ばす等の可能性も出てきます。

​現場調査の時間短縮になるので多くの業者が使っている計算式です。

現場調査が短時間で簡単に行われている場合は、この計算方法を行われている可能性が高いので注意が必要です。

屋根の塗装面積について

正確な屋根の塗装面積の算出方法は

実測で算出する方法です。

算出方法をご紹介します。

屋根に登り、勾配測定器で勾配率と屋根の軒先の外周の距離を測定します。

測定値から勾配の伸び率を掛けて面積を算出します。

屋根の材質の凹凸も計算に入れます。

【屋根勾配伸び率表】
【屋根勾配伸び率算定図】
【屋根面積の計算式】
屋根投影平面積 × 勾配伸び率(水平長さに対して)= 屋根面積
例)屋根投影平面積(150.00 ㎡)・勾配(5寸)の計算例

屋根投影平面積= 床面積 + 軒出面積 =(14.00+0.5+0.5)×(9.0+0.5+0.5)=150.00

150.00(屋根投影平面積) × 1.118(勾配伸び率)=167.70㎡

一般的に業者がよく行っている計算方法は

簡易計算(床面積から算出する方法)です。

1階の延べ床面積に係数を掛けて算出する方法です。

 

1階の延べ床坪数に 3.3 を掛けて ㎡ の値にします。

 

簡易計算式  1階の延坪× 3.3× 係数1.5から2.0(係数は業者による)

 

この計算式は、かなりざっくりとした計算式で、実際の面積より少なく計算されている場合は、塗装工事の際塗料が足らなくなり、塗料を薄く延ばす等の可能性も出てきます。

現場調査が短時間で簡単に行われている場合は、この計算方法を行われている可能性が高いので注意が必要です。

ペイントデポ 問い合わせ
  • Instagram
  • YouTube

​塗装に関する資料・パンフレット・サンプル等、無料提供しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

​塗料についての詳しい情報は
​メーカーサイトへ

熊本県塗装業者|熊本で外壁塗装・屋根塗装はペイントデポへ

屋根・外壁塗装専門店 ペイントデポ​ ❘ 熊本県を中心に福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島でも活動しております。

​熊本県熊本市中央区紺屋今町2-13中田ビル3階

TEL096-312-4321  ​FAX096-312-4320

Copyright © paint depot. All rights reserved.